親知らずについて

親知らずって抜いたほうが良いと聞くけれど、実際どうなの?
親知らずが埋まっていると言われたことがあるのだけど、どうしたらいいの?

このような患者様の声にお答えしたいと思います。
まずいえることですが、親知らずといっても、生えている状態や歯の健康度、かみ合わせによって、どうしたらよいかが変わってきます。

  • そのままでも良い場合
  • 抜いたほうが良い場合
  • 抜いたうえで凍結保存しておいて、ほかの歯が悪くなったときに埋めることが出来る場合

がありますので、それぞれについてご説明いたします。
私の歯はどのパターンかな?と不安な方は、チェックだけてもいたしますので、お気軽にご相談ください。

そのままでも良い場合
上下の親知らずが綺麗に生えていて、虫歯もなく、きちんとかみ合っている場合は、問題なくそのままにしておいても大丈夫です。

抜いたほうが良い場合
抜いたほうが良い場合には、大きく分けて3パターンがあります。

1.まっすぐ生えているけど、状態が悪くて抜いたほうが良い場合

親知らずが普通に生えているけど、進行した虫歯になっている時は、抜いてしまった方がお勧めです。
なぜかというと、そもそも親知らずは一番奥なのでとても磨きにくく、治してもまた虫歯になってしまう可能性が高いからです。

回数をかけて治したり、治療費用がかかってしまったりするよりは、抜いてしまった方がメリットが大きいと言えます。

また、親知らずの虫歯がとなりの歯に進行してしまう恐れもあります。隣の歯は抜くわけにはいかない大切な歯なので、その歯を守るためにも抜いてしまった方が良いでしょう。

2.ななめに生えている、あるいは半分だけ出ている状態で止まっていて、これ以上伸びそうもない

ななめに生えている歯は、隣の歯とのあいだに隙間が出来て、そこに細菌がたまってしまいます。

細菌がたまると、そこから虫歯になったり、歯ぐきがはれたりします。また、虫歯になっていない場合も、手前の歯を押すことになり、歯並びが変わってきてしまうことがあります。

  • ななめの歯が虫歯になっている場合は、虫歯の治療が困難なことが多いので、抜くことになります。
  • 歯ぐきがはれる場合、くり返すようなら抜いたほうが良いでしょう。
  • 斜めになっていることで、隣の歯を押している場合は、全体的に歯が前の方に寄ってきて、歯並びが悪くなる恐れがあります。
    その傾向がみられるようなら、やはり抜いたほうが良いです。

3.斜めになっていることで、隣の歯を押している場合

全体的に歯が前の方に寄ってきて、歯並びが悪くなる恐れがあります。その傾向がみられるようなら、やはり抜いたほうが良いです。

  • 親知らずが上だけしかない、または下だけしかない場合は、噛む相手がいないので、そのまま伸び続けることがあります。
    場合によっては、相手側の歯ぐきにかみ合って、歯ぐきに痛みを生じます。この際には、歯自体が健康な状態であっても、親知らずを抜歯した方が良いです。
  • 上下の歯が綺麗に生えていて、現時点で虫歯がなくても、その歯にプラーク(歯垢)がびっしり付着している場合は、普段あまり磨けていない状態が想像されます。
    今後、親知らずとそのとなりの歯が虫歯になる恐れがありますから、抜いたほうが良いかもしれません。
  • これらの場合は、今現在では歯に異常がないという点で共通しています。綺麗な歯の場合、これを冷凍しておいて、のちにほかの歯が悪くなって抜歯になった場合に使える事があります。
    これを凍結保存と言います。
    当院は、凍結保存を行っている広島大学と提携しており、登録医院となっております。
    詳しくは当院にお問い合わせください。

PageTOP

初診の方へ
あさひクリニック歯科 インターネット予約
問診票ダウンロード

院内ツアー

当院の設備をご紹介します。

ファミリールーム

小さなお子様も一緒に診療室に入れるファミリールーム完備。完全予約制になりますので、事前にお問い合わせください。

症例集・アンケート

当院で行った治療例、患者さまの感想をご紹介します。

当院のご紹介

診療科目

当院の道順

求人

あさひクリニック-歯科
〒284-0045
千葉県四街道市美しが丘1-18-7 2F
(エレベーターあり、駐車場約15台)

モーダルウィンドウのデモ