クリニックブログ

2018年10月17日
新患キャンペーン開催中!!

こんにちは。助手の川嶋です。

当院では1年を通してさまざまなイベントやキャンペーンを随時行っています。

当院に通ってくださっている患者様はご存知かもしれませんが、夏には子供向けの夏祭りが開催されました。子供向けのイベントは特に人気で予約がすぐに埋まってしまいました。

毎回泣いて治療をしていたお子様も、イベントに参加してくれて、「歯医者さんがこんなに楽しいところだと思わなかった!!]と、とても楽しんでくれました。嬉しい限りです☆

 

 

今回は大人の方向けのキャンペーンで、新患キャンペーンを行っております。

9月10月と開催しております。

まだまだご予約受付中です。紹介してくださった方も紹介で来てくださった方もクジ引きによる大きな得点がございます。ぜひこの機会にたくさんの方をご紹介いただけると嬉しいです。ご家族でまだ来院されていない方も対象です!!

お口の悩みについて相談したい!!最近歯医者に行っていないな~。口臭が強くなってきたかも。など、直接歯が痛いやしみるなどの症状がない方も、症状が出る前に治療を受けることをお勧めします。もしかしたら将来の生活が変わってくるかもしれませんよ!

ご予約方法ですが、新規の患者様はネットからのご予約も可能です。

あさひクリニック歯科のホームページと、エキテンのサイトからのネット予約ができます。

もちろんお電話でのご相談も受け付けております。

(※新規の患者様のみのご予約になっておりますので、すでに来院経験のある方はお電話でお願い致します。)

図1.png 

金券は自費の治療でご利用が可能です。

使いかたについては受付まで!!

この機会に自費治療も体験してみてはいかがですか。金券を使えば無料でできるものもあります。

保険治療との違いがわかるはずです!!

人気のクオカード1000円分は今年もご用意させていただきました。

あさひクリニック歯科のかわいいロゴが入っているオリジナルのクオカードです。

そして、当院一押しで、一番人気のブリリアントモアも景品に入れさせていただきました。

当院のほとんどのスタッフも愛用しており、細かな汚れを落としてくれます。

ホワイトニング効果も強く、1度使い始めるとリピートされるかたも多い歯磨き粉です。

使っていると着色がつきにくいです。

紹介キャンペーンではありますが、期間中に来院してくださった新規の患者様には紹介ではなくても粗品をお渡ししていますのでお楽しみに。

今後もさまざまなイベントやキャンペーンを通して、口腔内ケアの大切さと重要性を1人でも多くの方に伝えていきたいと思います。

私たちと一緒に虫歯のない健康な口腔内を目指していきましょう!!

スタッフ一同お待ちしております。

2018年10月 8日
歯科受付のお仕事

歯医者さんのお仕事シリーズその1

 

今回は、歯医者さんで働く人達のご紹介をしたいと思います。

第1段は、「歯科医院受付」です。

いつも歯医者さんに行くと窓口で座っていて、診察券を受け取ったりお返ししたりする人です。でも実は、その他にもいろいろな事をやっています。

どんな事をやっているのか、1日の流れに沿って、ご説明します。

 

朝8時15分 出勤

着替えを済ませ、8時30分の朝礼に備えて準備をします。

8時30分 朝礼

全員が集合し、朝の挨拶、今日の予約に関する連絡事項、今日のアポイントに入っているカウンセリングの確認などを行います。連絡事項があれば、この時に確認します。

8時40分〜9時55分

診療に備えた準備をします。レントゲン室や診療登録のパソコンすべての電源を入れ、レジの準備、待合室や受付周りの清掃、夜の間に滅菌していた器具を所定の位置に戻すのも手伝います。

9時55分

診療5分前なので、窓口を開けます。ここから通常の業務が始まります。

・来院された患者様の診察券をお預かりします

・来院された患者様のカルテを出し、順番に並べて診療に備えます

・診療が終わった患者様のお会計と、次回のお約束をします

・ご予約などの電話対応をします

・歯科の業者さんがいらっしゃるので、材料の注文をしたり受け取ったりします

・技工所さんがいらっしゃるので、技工物を出したり出来上がったものを受け取ったりします

・患者様に、治療内容やメインテナンス、詰め物被せ物に関してのカウンセリングを行います。治療の内容や技工物に関して、何でも聞いてください。

・患者様にご説明するための口腔内写真やレントゲン写真をプリントアウトします

・翌日のカルテの準備をしたり、昨日のカルテを片付けたりします

・余裕があれば、診療室内の業務をお手伝いします。器具の片付けや患者様を診療室にご案内したりします。

・ご要望に応じて、患者様に歯科グッズ(歯ブラシなど)を販売します。ですので、お薬の知識が必要です。

・ドクターの指示により、お薬を出したり処方箋を出したりします。

・診療室内のいろいろな機械に故障が起こった時は、業者さんとやり取りをします。

・レントゲン撮影の準備も出来ます。ただし撮影はドクターが行います。

18時15分頃

診療が終わり、最後の患者様が帰られたら、全員で集まって終礼をします。ここで新たな連絡事項があれば伝達します。明日のアポイントの確認も行います。

終礼後、最後の片付けをします。レジを閉めて、周りの掃除を行います。

 

 

歯医者さんの受付は、窓口で対応する事がメインですが、実はそれだけではありません。いろいろな事をするので、歯科の知識も必要です。みなさんも、何かあったらお気軽に窓口でご相談ください。

2018年9月 6日
キッザニア

こんにちは。助手の山田です。
さて、今回のブログのテーマは"キッザニア"です。
キッザニアとはなにかと言うと、子ども向けの職業体験のことです
つまり、子どもたちに普段私たちがしているお仕事はどんなことをしているのか、それを実際に体験してもらい、歯医者さんってどんなことをしているんだろう、自分たちがどういうこと、なにをされているのかを知ってもらおうということなのです。
ただ、イベントということもあるので子どもたちに是非楽しんでもらいたいという気持ちも含めて、夏ということで、お祭りと一緒に楽しみながら体験してもらおうということになりました。
そこで、スタッフは何ヶ月も前から全体でミィーティングを何度も行い、何をしていったらいいのか、人数はどれぐらい呼ぶのか、出し物のことを具体的に話し合っていき、当日の飾りつけは当院の保育士に頼んで可愛いものをたくさん作ってもらったり、ポスター作りやチラシを配布したりと、医院全体で盛り上げていこうとスタッフ全員一丸となって準備してきました。
事前リハーサルも行い、改善しながら緊張気味のスタッフもチラホラいる中、いよいよ当日!

まずは子どもたちに雰囲気を味わってもらうために白衣を着てもらって早速中に誘導〜!
最初はお祭りのゲームでリラックス〜!
ゲームはわなげと魚釣り!!
image2.jpeg

image3.jpeg






ぜーーーんぶスタッフの手作りです!!
景品もあったこともあり、子どもたちもかなり楽しめたのではないかなーと思います。
インカムで常時スタッフ同士声を掛け合って2番目は型取り体験へ
ここでは矯正にはかかせない印象を実際に練ってもらい、トレーに入れて模型で体験をしてもらいました。
当院では顎顔面矯正を行なっていることから矯正をしている子たちの不安をこの体験で少しでも取り除けたらいいなという思いも込めていました。
いつも型取りで泣いている子たちが笑顔で体験している姿を見てとても嬉しくなりました。

image4.jpegimage5.jpeg







次は、詰め物(CR)をDr.たちに説明してもらいながら体験できる所へ!!
虫歯になったらどういった治療を先生たちはしているのか、実際に模型に詰め、照射器を当てながら体験している姿は楽しく学べていたかなと思いました。
そしてさすがなのは先生たちの飾りつけはとってもカラフルで素晴らしかったです。

image6.jpeg







そして、この日の為に当院が用意していたバルーンアートのマリカさん!!体験してくれた子たち一人一人に感謝の気持ちを込めてお土産としてプレゼントというビックイベントに子どもたち大喜び!
そしてスタッフの私たちも大喜び!
最後に当院のペッパーと写真撮影をして体験は終了!!かと思いきや、、これまたこの日の為にレンタルしたわたあめ機で実際に作ったわたあめをプレゼントして無事終了ーーー!
わたあめ担当になった川嶋はすぐ習得し、わたあめのプロになっていました。

image8.jpeg






スタッフ全員最後は疲れきっていましたが、無事イベントも終了し、今回のイベントに参加してくれた子たちが歯医者のお仕事に少しでも興味を持ってくれて、将来に繋がる子が一人でもいてくれたらとっても嬉しいことですね。




image9.jpeg




キッザニアは大成功でした!!!
みんなで何かを成し遂げるって素晴らしい!!
こんな未熟な私たちですが、今後ともあさひクリニック歯科をよろしくお願い致します。

image10.jpeg

2018年7月14日
歯周病・薄毛に水素!

こんにちは。受付の樋口です。
7月に入り毎日暑い日が続きますね。
さて、今回は当院で扱っている水素、サプリの紹介をさせて頂きます。

最近は美容と健康に水素がいいってことで話題になったりしてますよね~。


水素と言われても、目に見えないしよくわからない...ですよね?

水素についていろいろと調べてみたところ、カギを握るのは体内に存在する「活性酸素」。
この活性酸素が体内で増えすぎると、細胞をイジメて、体を「酸化」させてしまう結果、老化、肌のアレ、動脈硬化、ガンといった体への悪影響を及ぼしてしまう怖い存在なのです。
そんなのすごく困りますよね?

それを防ぐために効果的と言われているのがこの「水素」!
体内に取り込まれた水素は、この活性酸素と化学反応を起こすことで、水(H2O)に変化し、尿や汗となって体外に排出されるってワケなんです。

水素を多く取り込み、身体の酸化を防ぐことで、肌や髪のツヤが出る、疲労回復、老化防止、二日酔い防止、新陳代謝アップによるダイエットといったメリットがあると言われています。

なぜ、歯科なのに、水素?と思われるかたも多いかと思いますが、歯周病予防に水素が効果的なことをご存知ですか?

歯周病は、お口の中にいる歯周病原性細菌が出す毒素によって起こります。
これに対して体内の免疫機能が反応し、歯周病菌を排除しようと活性酸素を出してて対抗しますが、この活性酸素が多く発生することが逆に歯周病の悪化を招きます。水素は、この活性酸素を中和してくれる働きがあります。

当院の待合室や診察台にも水素の本が置いてあったり、本の貸し出しもあるので、ご興味ある方はぜひ読んでみて下さい。

美容と健康、そして歯周病予防にいいと言われる水素が、当院では機械で吸入することが出来ます。
水素吸入初めての方は、10分お試し無料、2回目以降は10分1000円です。

治療しながらでも吸入することが、出来ますので是非お試し下さい。

合わせてサプリの販売もしております。

IMG_0905.JPG

こちらは、実際私も飲んでいるのですが、一番ビックリしたのは、口内炎の治りが早い!ということです。カプセルを開け、中の粉を口内炎に直接塗ると、塗った直後は、しみるわ痛いわ、ヒィ〜っとなるのですが、次の日には痛みが消えています。口内炎になりやすい私にはこの水素カプセルは必需品です。
髪にもいいということで、薄毛で悩んでいる主人も最近飲み始めました。飲み始めたばかりなので、効果が現れたら報告させて頂きます。

 

2018年5月14日
清潔な医院を目指して

こんにちは!!助手の川嶋です。
今回は当院で行っている滅菌関係についてご紹介したいと思います
当院は皆さんも知ってのとおりスタッフ全員が女性です。やはり滅菌に関しては特に気を使っています。いかに清潔な環境の中で患者様に安心して通っていただけるのか。また嬉しいことに多くの患者様が来院してくださっている中で時間などの効率も含め、負担にならないようにするためにはどのようにすれば良いのか。日ごろからミーティングなどで意見を出し合いながら、PDCAサイクルを行って決めています。
【PLAN(計画)、DO(実行)、CHECK(評価)、ACT(改善)を繰り返して、改良を行うこと】

当院では患者様に使う器具は滅菌パックに入れて滅菌を行っています。
患者様が席に着いたあとに開封を行っています。

IMG_20180501_130211.jpgIMG_20180501_130354.jpg


工程を通って、最後にこのような機械で滅菌行います。出来上がりまでになんだかんだと1時間以上もかかるのですよ!!
IMG_20180501_130303.jpg

滅菌が難しいものに関しては、使いすてのフィルムを使用しています。

IMG_20180501_130615.jpg


患者様の治療が終わったら、しっかりとユニットの消毒も行っています。
台の上だけではなく、座っているシートも毎回消毒液で拭いています!



他にも、銀のトレーの上に置くもの置かないもの、触ってよい場所、触っていけない場所など、スタッフ全員が研修を受けて徹底を行っています!!

皆さんがこれからも安心して通っていただけるようこれからも努めて参ります。

2018年5月 2日
epicセミナー

こんにちは!歯科衛生士の宍倉です!
先日衛生士の中田と共に"EPIC"という外部のセミナーへ参加してきました!

このセミナーは2日間に分け講義があり、

  1. 1日目は
  2. 歯周疾患の理解 
  3. 歯周治療の問題 
  4. 歯周疾患の診査 
  5. 実習:リスクアセスメント
            
    豚顎骨を用いた
  6.            歯周組織解剖実習プロービング実習
2日目は
  1. 歯周治療をベースにした医院作り 
  2. 歯周疾患の治療 
  3. メインテナンス 
  4. 開業医にとっての歯周病治療 
  5. 実習:口腔内写真撮影
            キュレットシャープニング
            抜去歯SRP実習 を学びました。
実際に衛生士は患者様の歯周病の治療を行います。
実際に患者さんと関わることで
結論的に歯周病とはどういうものなのか。
ということに関していまいち理解していない方が多い事を日に日に実感して行きました。
その為にはどうするべきか。
私自身の知識と技術を増やし、向上していきそれを患者様に伝え、理解してもらう事がとても大切だとこの実習を通し改めて実感しました。
今の日本では以前に比べ一人一人の口腔内へ対する意識が高まってきています。
その為、どの年代も残っている歯の本数が年々増加傾向にあります。
ただそれに比例し、歯周病になるリスクも増加するのでしっかりとした日常的なケアが必要なのです。
歯は顎の骨に埋まっていて支えられています。
その為食事をして噛んでも動かず噛み切ることができます。
ただ、歯周病になってしまうとその顎の骨を歯周病菌がどんどん溶かしてしまうので
支える事が出来なくなり、揺れ出し、最終的には抜けてしまうのです。
そして歯周病の怖いところは虫歯と違い、
何十年という長い年月を経て、見た目であまり分からず痛みを伴わないでどんどん進行して行く事です。
統計では40代までは虫歯で、40代以降は歯周病で歯を失いやすいと言われています。
そして70歳以上になると急激に歯を失うリスクが増加傾向にあるのです。
人口の10%は重度の歯周病、30〜40%は軽度〜中程度の歯周病に罹患しています。
歯周病は感染症なので重度までいってしまうとどんなに口腔内を清潔にしても治癒することは難しいのです。
ただし、軽度〜中程度の割合は口腔内を清潔に保つことができれば減らすことができるのです!!
20〜40代で重度の歯周病になりやすいと言われており、そうならない為には患者さんご自身での口腔内のセルフケア。歯科医院で行うプロフェッショナルケアの両方が大切なのです。
歯周病を予防する為に必要なこと
①歯科医院へ定期的に通院しメインテナンスを行う
②毎日の正しく歯ブラシ、歯間ブラシを使用する
③不思議に思ったり症状が出たらすぐに歯科医院で診てもらう
検査を行うだけでもご自身の今後のためになります!
是非、歯科医院へご来院ください。

2018年3月31日
CAD/CAM冠

こんにちは。受付の池田です。

暖かくなってきて、もう春ですね!桜がとても綺麗です!また、花粉症の辛い季節でもありますね。私も今年、ついに花粉症デビューしてしまいました。

さて、今回は白い被せ物CAD/CAM冠についてご紹介したいと思います。当院では今年2月から、保険適用内で白い被せ物ができるようになりました。

今まで、保険適用の被せ物は銀色の金属で審美的に悩む方も多く、白い被せ物をするには保険外(自費)でセラミックにする必要がありました。しかし、セラミックは高価で、手が出せない!という方もいらっしゃいます。このCAD/CAM冠は保険が適用されるので、安価に白い被せ物を入れることができるのです。白い被せ物にしたいけど、治療費をできるだけ安くしたいという方にお勧めです。

また、ハイブリッドレジン(プラスチックとセラミックを合わせた材料)を使用し、金属を使用していないため、金属アレルギーが心配な方にも安心してご使用いただけます。

保険適用される歯

・上下小臼歯(前から4番目・5番目の歯)

・下の前から6番目の歯

残念ながら前から6番目以降の歯は適用されません。

金属アレルギーの方

・上の前から6番目の歯

・下の前から6番目の歯

・上下7番目の歯

金属アレルギーの場合、それを証明する医師の診断書が必要となります。

CAD/CAM冠のメリット・デメリット

メリット

・保険適用のため、安価に治療できます。

・白色

・金属アレルギーを起こしません。

デメリット

・限られた歯のみ、適用されます。

・セラミックに比べ、色は単調で、年数が経つと変色してきます。

・十分な削る量が必要です。

・強度が低く、割れやすいです。力のかかる歯や、歯ぎしりする方にはお勧めできません。

歯なんて!なんでもいい!と気にしない方もいるかもしれませんが、銀歯1つで悩む方もたくさんいらっしゃいます。カウンセリング時に、笑う時はなるべく手をあてるようにしてる。マスクは欠かせない!など、銀歯についてのお悩みを伺うことが多々あります。1人でも多くの方のお悩みが解消すると良いなと思います。

当院では、初診時や治療計画、補綴物を入れる時にカウンセリングの時間を設けております。

患者様の歯の状態により、上記の条件が適応されない場合もございますので、当院スタッフにご相談ください。患者様一人ひとりのご希望、お悩みに合ったベストな選択肢をご提案いたします。

2018年2月 3日
TCセミナー

こんにちは。受付の鈴木です。三寒四温の季節、立春とは申しますが、まだ雪が降ったり寒さ厳しき日が続いております。
さて、あさひクリニック歯科では、1月から清水ドクターが新しくメンバーに加わり、新たな息吹をもたらしてくれております。
とても勉強熱心なドクターですので、スタッフにも良い刺激を与えてくれています。
 
私もスキルアップの為に、トリートメントコーディネーターのステップアップセミナーを受講してまいりました。
トリートメントコーディネーターの主な仕事は、歯科医院で患者様とカウンセリングを行い、担当ドクター及びスタッフとの橋渡しをします。
その他にただ診療を手助けするだけでなく、院内で起こっている事象に迅速に対応し、解決する「司令塔」的な役割が求められます。
コミュニケーションを通して院内の雰囲気を活性化させ、より良い職場環境を創造したいと思っています。
 
おもてなしの講座からは、サービスとおもてなしの違いから、いくつかの大事なポイントがあること。
どうしたらその場で心地よく過ごせるか、個別のサービスを提供することの重要性。
また、おもてなしでとても重要な作業の一つに準備もあり、歯科で言えば迎える側の身だしなみ、ユニットの準備、清潔感を保つことなどを、改めて学んでまいりました。
「ゲストがあなたの家に居るときは、あなたが幸福感を保証しなければいけない。
ゲストが気持ちよく過ごせるように心を尽くすのがおもてなしである。」
このおもてなしの真髄を忘れずに、日々皆様が安心して受診して頂けるよう笑顔でお迎えしたいと思います。
 
マネジメント・マーケティングの講座からは、医療サービスで大事なのは人であること。
コーディネーターの役割は調整役であり、物事のまとめ役であり、進行を担う役割であり、個々の視野を広げて考える必要があることを学びました。
医院マネジメントは「I」ではなくて「Weで捉える視野も持つことも重要で、担当ドクター及びスタッフと患者様との中間に立ち、よりスムースな治療・院内マネジメントを行う必要があります。
異性の患者様、スタッフとの会話術も学びました。女性と男性の文化の違いから、会話の方式のアプローチ方法の違いがあります。
男性にはオバマ前大統領のスピーチのように、結論からシンプルに順序立てて、自分なりの解決策を持っての会話術をしていきたいと思いました。
人は違うのが当たり前なので、伝わらないのが当たり前と考え、それぞれアプローチ方法を変える必要があり、スタッフでも患者様でも、Negativeに捉えるのではなく、Positiveに捉えてあげることが大事であり、そのうえで改善策を提示してあげる。
100点からの減点方法から評価するのではなく、0点からの加点方法で評価するシフトチェンジが必要であり、改善点を話す場合は、褒めることから始め、もう少し~したら良くなると指摘し、あなたならできると褒めて会話を終えるなど、日々の生活での子育て、
人間力アップにも活かせる内容でした。
 
すでに当院で取り入れている内容もあり、その重要性を再確認できたセミナーでした。
患者様にとって歯科医院は行かなければいけない場所ではなく、行きたい場所になって頂けるように、患者様に寄り添っていきたいと改めて思いました。
皆様に愛される医院になるように、今後も精進してまいります。
ご不明な点がございましたら、遠慮なさらずにお問い合わせください。

2018年1月20日
リグロス

こんにちは。歯科衛生士の中田です。

インフルエンザが流行しています。手洗いうがい。
外出や来院の際にはマスクを着用して予防をしましょう!

歯周組織再生療法で新しく取り入れた「リグロス」について紹介します。

はじめに歯周病とは、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。
歯と歯ぐきの境目に多くの細菌が停滞し、歯ぐきに炎症を帯びて赤くなったり、腫れたり、出血します。しかし、痛みなどの自覚症状が少ないため気づきにくい疾患でもあります。
進行すると歯周ポケットと呼ばれる歯と歯ぐきの境目が深く(軽度4mm~重度7mm~)なり、歯を支える土台(歯槽骨)などの歯周組織が溶けて歯が動くようになり、最後は歯が抜けてしまいます。
その、溶けて失った歯周組織を再生する治療法を「歯周組織再生療法」と言います。

当院では「エムドゲイン」という歯周組織再生療法を取り入れていました。
エムドゲインは歯を支える土台(歯槽骨)がなくなってしまった場所の歯ぐきを開き、歯石やプラークを完全に取り除いていきます。
そして再生したい場所にエムドゲイン(歯周組織再生誘導材料)を塗布し、歯周組織の再生を促す方法です。
エムドゲイン・ゲルの主成分は、「エナメルマトリックスデリバティブ」と呼ばれる、豚の歯胚組織からつくられたタンパク質の一種です。このタンパク質が、歯が生えてくるときと同じような環境を再現し、歯周組織の再生を誘導していきます。
エムドゲインは現在、健康保険外で自費治療なっており費用の負担が多くなっていましたが、「リグロス」は保険適用の治療として厚生労働省に認可されたため、比較的安価で治療を行うことが可能になりました。

リグロスとはエムドゲインと同じく歯ぐきの中の歯石やプラークを完全に取り除き、再生したい場合にリグロスを塗布し、歯周組織の再生を促します。
エムドゲインとは違いリグロスの主成分の組み換え型ヒトbFGF(塩基性線維芽細胞増殖因子)という成長因子を含み、世界初の歯周組織再生医薬品は、傷を修復させる作用を引き出す力が強いことが特徴です。リグロスは歯周組織であり、歯槽骨やセメント質、歯根膜を作る細胞の成長を促進する効果があります。
この効果により、組織再生により良い環境作りバランスの良い歯周組織を再生させることが出来る治療法です。

将来自分の歯でおいしく食事をするためにも、しっかりした歯の土台作りをしていくことが大切です。まずは、今のお口の中の状態を知る必要がありますので、検診をおすすめします!

2017年12月31日
臨床歯周病学会

こんにちは!歯科衛生士の小林です。

今年ももう年の瀬ですね。今年は外部の学会に参加しました。

6月に大阪で開催された『日本臨床歯周病学会 第35回 年次大会』に歯科衛生士の宍倉と中田と共に参加してきました。

臨床歯周病学会とは、歯周治療の研鑚を通じて歯科臨床の向上に努め、もって国民の健康、福祉の増進に寄与することを目的としている学会です。臨床で活かせる歯周病についての知識を学んできました。

様々な題材の講演がありましたが、中でも私が一番面白いと感じたのは「病原性の高いプラークと低いプラーク」というテーマです。そこで学んだことを少し紹介したいと思います。

まず、歯周病の原因は何だと思いますか?加齢だと思っている方が多いと思いますが、実は歯周病菌という細菌が原因なんです!その歯周病菌にもいろいろな種類の菌があります。更に菌によって病原性が異なります。歯周病菌の病原性はピラミッドで表現されます。

image12b.gifピラミッドの頂点の『レッドコンプレックス』がプラーク(歯垢)に定着しているかどうかが大きなポイントです。ちなみにコンプレックスとは、何かが合わさったという意味です。

P.gingvalisT.denticolaT.forsythensisの3菌種の感染によりプラークの歯周病原性は大いに高まります。

一番下の層にあるブルーコンプレックス、パープルコンプレックス、グリーンコンプレックス、イエローコンプレックスがお口の中に定着しないとその上のオレンジコンプレックスは定着しません。また、オレンジコンプレックスがお口の中に定着しないとレッドコンプレックスは定着しません。病原性の低い細菌が増えると病原性の高い菌が住みつき、一度口腔内に住みついた悪玉菌は消えません。逆に不健康なプラークから健康なプラークへ変化することはありません。つまり、オレンジコンプレックスを定着させなければ、レッドコンプレックスがお口の中には定着しないということです。

口腔内の細菌叢は10代のうちに決まっていき、20代で定着してしまいます。子供の頃の管理が将来のお口の環境への変化を大きく左右するということですね。

 口腔内の細菌は全部で約700種類あります。健康な細菌叢の口腔内には約30種類の細菌がいます。対して不健康な細菌叢の口腔内には約300種類もの細菌がいます。健康な細菌叢の口腔内より10倍も細菌の種類が多いのです。口腔内に定着した菌叢は歯周病の治療を行うことによって、それぞれの細菌の量は減りますが、細菌の種類の数は変わりません。

 高病原性のバイオフィルム(歯垢)が形成されると、少量で歯周病が発症します。低病原性のバイオフィルムが形成されても多量でなければ発症しません。

 最も病原性の高い歯周病菌は先ほど紹介したレッドコンプレックスに含まれるPg菌(P.gingvalis)です。Pg菌は18歳以上にならないと定着しません。日本人成人の65%が感染しているといわれています。

Pg菌は線毛(菌が動くためについている毛)の遺伝子型によってⅠ型、Ⅰb型、Ⅱ型、Ⅲ型、Ⅳ型、Ⅴ型に分類されます。

Pg菌の遺伝子型

線毛の型

オッズ比

Ⅰ型

直毛型

0.16倍

Ⅰb型

束毛型

9.21倍

Ⅱ型

パンチパーマ型

44.44倍

Ⅲ型

剛毛型

1.96倍

Ⅳ型

スキンヘッド型

13.87倍

Ⅴ型

産毛型

1.40倍

 Ⅱ型だけオッズ比が桁違いに高く、最も病原性が高いです。

歯周病リスクを上げるといわれている喫煙のオッズ比は5倍、副流煙のオッズ比は3倍。

対して型は0.16倍と低く、型が口腔内に住みつくと歯周病になりにくいです。型の入った水でうがいを続けると、型が口腔内に定着して歯周病が発症しないというデータもあるそうです。菌の入った水でうがいをするのは少し抵抗ありますけどね(笑)

専門的な話になってしまいましたが、皆様の役に立つ情報を伝えられていたら嬉しいです。歯周病の予防は幼いころから始まっています!むし歯も歯周病も菌による感染症ですので予防できます!病原性の高いレッドコンプレックスがお口の中に住みつかないようにするためには、日々の歯磨きと定期的なクリーニングが重要です。レッドコンプレックスがお口の中に定着してしまっていても管理が出来ていれば発症も予防できます。歯周病の検査をしたことない方やひょっとして歯周病かな?と感じることがある方は是非あさひクリニック歯科へお越しください!

来年も精進していきますのでよろしくお願い致します。

  • 1

月別アーカイブ

PageTOP

初診の方へ
あさひクリニック歯科 インターネット予約
問診票ダウンロード

院内ツアー

当院の設備をご紹介します。

ファミリールーム

小さなお子様も一緒に診療室に入れるファミリールーム完備。完全予約制になりますので、事前にお問い合わせください。

症例集・アンケート

当院で行った治療例、患者さまの感想をご紹介します。

当院のご紹介

診療科目

当院の道順

求人

あさひクリニック-歯科
〒284-0045
千葉県四街道市美しが丘1-18-7 2F
(エレベーターあり、駐車場約15台)