クリニックブログ

2021年7月29日
親知らず

こんにちは。受付の池田です。

今回は、口腔外科の専門医が月に1度当院で抜歯を行うことになったので、親知らずについてお話ししたいと思います!

親知らずとは?

別名、智歯とも呼ばれ、前歯から数えて8番目にあたる歯の事を言います。10代後半から20代前半に生えてくることが多く、生えてくる時期が遅いため、″親が知らない″ことから「親知らず」と呼ばれるようになったそうです。

親知らずは生え方も様々で、他の歯と同じように真っ直ぐ生える場合もあれば、横を向いていたり、歯茎に埋まっていたり、半分だけ顔を出したりする場合があります。

他の歯と同じように真っ直ぐ生えていて、虫歯などになってなければ、ほとんどの場合問題はありません。

歯茎に半分だけ埋まっていて、半分だけ顔を出している場合は、歯と歯茎との間に汚れが溜まりやすく、虫歯や歯周病になりやすいため、痛みや腫れることがあります。

完全に埋まっている場合は、自覚症状が起こりにくいですが、歯周病など周囲の歯に悪影響を及ぼすことがあります。

また、先天欠如と言って元々親知らずが存在しない人もます。

レントゲンに写っているけど、そのまま生えてこないという人もいます。

親知らず生えてるけど抜いた方がいいの?と悩まれてる方も多いと思います。

親知らずは生えきてたら、必ずしも抜かないといけない訳ではありません。親知らずを残しておく事で、将来的に入れ歯やブリッジなどの土台として使う場合や、どこかの歯がダメになった時に親知らずを移植こともあります。

通常親知らずはレントゲンを撮影し、抜いた方が良いかドクターが診断します。抜いた方が良い場合はCTを撮影後、精査をして難しい抜歯でない場合は担当医が当院で抜歯を行います。

難しい抜歯の場合は、口腔外科での抜歯になります。

難しい抜歯のケースとは?

親知らずの大部分が骨に埋まっていたり、親知らずの根っこが大きく曲がっていたりすると抜歯が難しくなります。また、下顎には太い血管と神経が走る管が通っていて、親知らずがこの神経に近接している場合も難しいケースになります。

あさひ歯科・矯正歯科では、月に一度口腔外科の専門医が来てくれることになり、今まで対応出来なかった難しい抜歯も当院で抜くことができるようになりました!総合病院や大学病院だと、なかなか抜く決心がつかない...ここで抜けるならやりたいんだけどな...という方もたくさんいると思いますので、これを機に親知らずの抜歯を検討してみてはいかがでしょうか。

実際私も、総合病院で抜く予定だった親知らずをあさひ歯科で口腔外科の専門の先生に抜いてもらいました。緊張はしましたが、いつもの治療台といつもの治療風景に安心感がありました。そして、さすが専門医!!︎あっという間に終了。思っていたより、すぐ抜けてビックリしました。抜歯後は、やはり数日顔まで腫れて、口が開かなかったです。しかし、数年体調を崩すと親知らず周辺の歯茎が腫れ、痛みを繰り返していたので、抜いてスッキリしました!

もちろん、今まで通り総合病院や大学病院への紹介状を出すこともできるのでご希望される方はお申し出ください。

2021年6月25日
ご存じですか? 訪問歯科診療ご存じですか? 訪問歯科診療

こんにちは。あさひ歯科・矯正歯科の塩野谷です。

皆さん、訪問歯科診療ってご存じですか?今回はご自宅や施設で歯科の治療やケアを受けられる訪問歯科診療についてお話ししたいと思います。

 図1.png

 

①こんな方々のところへ訪問できます!

 

訪問歯科診療は保険診療のため、法令上で対象となる方が決められています。

対象となるのは、疾病、傷病のため通院による歯科治療が困難な方です。

判断の目安として、病気やケガで寝たきりの方や、1人で外出が出来ない方が当てはまります。

例えば、高齢者では脳梗塞等の後遺症で寝たきりの方や、重度の認知症で見当識障害がある方となります。

また、高齢者以外にも、車イスで生活をされている方や、精神的な病気、知的障害などで外出ができない方も対象となる場合があります。

 

 

②「訪問範囲」というものがあります

 

訪問歯科診療では、訪問範囲が定められています。

訪問できる場所は入所施設および居宅。すなわち、患者様のご自宅のほか、寝泊まりされている場所が対象になります。入院中の医療機関も含まれます。

そして、歯科医院が訪問できるのは「半径16キロの円内」と決まっていますので、依頼される場合は、その範囲にある歯科医院を検討なさってください。

訪問できる先を具体的に挙げると、介護老人福祉施設、介護老人保健施設、介護療養型医療施設、短期入所生活介護など。

そして歯科のない医療機関に入院されている場合も訪問できます。

また、居宅・居住系施設に該当する、一般の住宅、養護老人ホーム、軽費老人ホーム、有料老人ホーム、グループホーム、サービス付き高齢者住宅などです。

一方、デイサービス、デイケアなどの通所施設は、訪問歯科診療の対象となりません。

 

 

③依頼するときは?

 

訪問歯科診療をご依頼になる場合は、歯科医師にとって必要な情報として、次のようなことを、お伝えください。

まず、患者様のお名前、住所、電話番号などをお願いいたします。

次に、ご連絡をくださる方の情報として、ご家族の場合は、お名前、続柄、電話番号を、介護事業者様などの場合は、事業者様の名称、ご担当者様のお名前、電話番号をお知らせください。

そして、患者様がお持ちの主な疾患や、接する上での注意点、担当ケアマネジャー様のお名前、電話番号などもお聞かせいただけると、スムーズな連携が図れます。

さらに、通院が困難なご事情、保険証や介護保険の種類などもお伝えください。同意書をいただいてからの診療になります。

 

④お支払いは?

 

診療内容をコンピューター上で登録してからのご請求になりますので、その場での精算ができません。月でまとめさせていただき、翌月の最初の診療日にご請求差し上げます。お支払いは、現金・クレジットカードに対応しております。(クレジットカード払いの場合は事前にお知らせください)

2021年6月23日
歯医者デビュー

こんにちは。保育士の菅野です。

小さなお子さんの歯医者デビュー。

「一体いつから歯医者に通わせればいいの?」と疑問に思う方も多いかと思います。

歯医者デビューは、赤ちゃんの歯が生え始める生後6~9か月頃を目安に来院されると安心かと思います。母乳や粉ミルクの中にも虫歯をつくる砂糖に似た成分が含まれており、虫歯になるリスクはあるため、早すぎるかなと思わずに、早い時期からの歯医者デビューをオススメします。乳歯は永久歯よりも虫歯になりやすく進行も早いので、ご自宅で行うケアとして、歯が小さいうちはガーゼなどで優しく汚れを拭きとってあげましょう。

 

自治体が運営している保健センターなどの1歳半健診で初めて歯科検診が行われます。

この頃になると、はえている歯の本数が増え、離乳食も完了する時期です。お菓子やジュースも摂取し始める時期でもあるため、すでに虫歯になっている可能性があります。そのため、1歳半頃までに検診を受ける習慣を身につけておきましょう。

 

定期検診では、虫歯になりにくい歯にしていく「フッ素塗布」を行っています。

フッ素塗布には以下のような作用が期待できます。

・虫歯菌が出す酸から歯を守って、溶けかかった歯のエナメル質を修復する作用

・歯の表層部分であるエナメル質そのものを強くする作用

・口の中の虫歯菌の繁殖を抑える作用

 

塗布後はうがいをせず、唾液を吐きだす程度にとどめ、塗布後30分は飲食を控えるようお伝えしています。

継続して定期的にフッ素塗布を受けると、効果が高くなります。

 

定期検診できちんとチェックをしていれば万が一、虫歯になっても早期発見ができます。

虫歯が見つかり、いざ治療が必要となった場合、「小さな子どもをつれていって、泣いたりしたら迷惑にならないかな?」「じっと座っていられなかったらどうしよう、、、」と心配に思われる方もいるのではないでしょうか?小さなお子さんが歯医者を怖がるのは当然のことだと思います。お子さんの様子に合わせて、お母さんの膝の上に乗った状態で一緒に横になってもらったり、一人で座れた場合は治療中お母さんに手を握ってもらったりと、少しでも安心して治療ができるよう心がけています。また、「歯医者=怖いところ」という認識にならないためにも、「風さんだよ~気持ちいいね」「これはビームだよ!」と実際に器具を見せながらわかりやすい言葉で伝えています。そうすることで、次回来院した際に、「前来た時に見たことがあるもの」「怖くないもの」と、自然と恐怖心や不安感が取り除かれ、安心して治療することができます。

そんな頑張ったお子さんには、治療後プレゼントをお渡ししています♪それも楽しみのひとつになっているかもしれませんね。

当院では、お子さんが楽しく通えるような雰囲気や環境づくりに取り組んでいますので、安心してお越しください。

2021年5月25日
りっぷるくん

こんにちは。歯科衛生士の渡邉です。

 

突然ですが、

お子様のお口がポカ~ンと開いているのが気になることは

ありませんか?

 

お口ポカンは予防することができます。

お口ポカンとは、専門的な言葉でいうと「口唇閉鎖不全症」と言います。

早期に改善すれば小児の健全な発育と、将来のメタボリックシンドロームをはじめとする生活習慣病の予防に繋がります。

 

原因は口の筋肉(口輪筋)が弱いことが多く、その他に歯並びの悪さ、舌の癖や形態、鼻の病気などがあります。

口輪筋は口の周りを囲むようにある筋肉で、多くの表情筋に繋がっています。

 

ポカ~ンと口を開いていると、口の中が乾燥して前歯が茶色く着色してしまうことがあります。その他にも下記のような悪影響があります。

 

◎歯並び、姿勢が悪くなる

口呼吸では唇や頬の筋肉による外側からの圧力がかからないため、出っ歯や受け口などの原因になってしまうこともあります。また、あごが下がり、舌を前に突き出すようになるため、猫背を引き起こし姿勢が悪くなります。

 

◎いびき

口呼吸はいびきの原因にもなるため、熟睡できず疲労もなかなか取れなくなります。

 

◎むし歯・歯周病・口臭

口の中が乾燥するのでニオイの原因となる細菌が増え、口臭が強くなります。また、汚れを落とす唾液の分泌量が減り、むし歯や歯周病になりやすくなります。

 

◎ウイルス感染

鼻呼吸は鼻がフィルターの役目をしてウイルスの侵入を防いでくれますが、口呼吸はウイルスが体内に入りやすく、インフルエンザなどを起こすリスクが高くなります。

 

あさひ歯科・矯正歯科では、「口唇閉鎖不全症」を予防するために、日本小児歯科学会と松風が共同開発した口唇閉鎖力測定器「りっぷるくん」を採用しています。

「りっぷるとれーなー」を使用してご自宅でお子様が口輪筋を中心とした表情筋を鍛えるトレーニングをとりいれています。結果どれくらい閉鎖力がついたかを定期的に「りっぷるくん」で測ります。 

ホルダー部の大きさ比較

唇の内側に適度にフィットする設計になっています。

唇の内側に入るホルダー部も大きくなっていますので、口輪筋だけでなく周囲の表情筋なども鍛えることができます。

 

「りっぷるとれーなー」のトレーニング方法

①    奥歯を嚙み合わせ、リップルホルダーを歯に合わせて、上下の唇で挟みます。

②    唇を閉じて力を入れ、「1,2,3」とカウントする間、リップルホルダーが口からでないようにプルリングを引っ張ります。

③    数秒間、唇の力を抜いて下さい。

④    同じ位置で7~10回をワンセットとしてトレーニングを行って下さい。

⑤    りっぷるホルダーを歯にそわせたまま位置をかえて、左、右の方向で各1セットのトレーニングを行って下さい。

 

お子様の将来のためにも、お口ポカンが気になったら一度ご相談下さい。

2021年4月14日
オンライン診療について

こんにちは。

受付・トリートメントコーディネーターの樋口です。 

あさひ歯科・矯正歯科では、矯正のオンライン無料相談を行っております。

最近特に多く聞くようになりましたが、そもそもオンライン診療とは、医院にお越しいただかなくても、パソコンやスマホを通して、相談や診察を受けられる新しい診療のかたちです。

当院で治療を受けたことがある方も、初めての方もご利用いただけます。ぜひお気軽にご相談ください。


新型コロナウイルス感染症の拡大による緊急事態宣言下では、不要不急の外出自粛がこれまで以上に求められていました。

医療機関への通院は不要不急の外出には当たりませんが、感染を恐れて病院での検査や診察をためらう人も多くいました。

特に基礎疾患を持つ方の中には控えるべきかどうか、迷ったということもあったのではないでしょうか。



外出はなるべく控えたい方や、歯医者さんに行くと緊張してしまう方も気軽にご利用いただけるのが、オンライン診療の最大のメリットです。その他のメリットは、

・病院への往復する時間を省ける

・付き添いの方が同行する必要がなくなる

・交通費がかからない(ただしオンライン通信料はかかります)

・診察、薬、会計を待つ時間が無い

・他の患者さんや医師以外の病院スタッフと顔を合わせることがない

・診察の直前までと直後から自分の時間が使える


「まずは相談してみたい」「もっと気軽に相談できたら良いのに...」という方に、スマホを使ってご自宅からご相談いただけます。


オンライン診療を受診するまでの流れ等、詳しくはこちらをクリック!https://asahi-clinic-dc.com/online.php


ご来院して頂いた場合と同様にトリートメントコーディネーターによる治療の流れや料金のご案内になります。おおよそ30分で終了します。

オンライン診療は原則木曜、土曜11:3015:00の診療時間内で受け付けます。(2021.4月現時点です。今後変更の可能性があります。)

対象は地域は、四街道市、千葉市、八街市、八千代市、佐倉市在住の方と限定させていただきます。

オンライン診療だけで完全という訳ではなく、クリニックで対面しないとダメなケースもあります。


今は矯正の相談のみですが、今後色々展開出来ればと思っております。


矯正治療へのハードルの高さを少しでも下げ、安心して気軽にご相談いただけるよう、多くの方にオンライン診療をご利用いただきたいと願っています。

2021年3月31日
セレックについて

こんにちは。勤務医の齋藤です。ようやく暖かくなり良い季節になってきましたね。

今日は院内で見かける、あの大きな機械についてご紹介したいと思います。

セレック.jpg

そうです、院内の通路に置いてあるこの機械です。少し大きめの音をたてて働いている姿を見た方もいるかもしれません。これは「セレック」といって、セラミックやプラスチックの詰め物、かぶせ物を自動で削り出すシステムで使う機械(ミリングマシーン)なんです!

セレックとは1985年に誕生した、歯科用CAD/CAMのことです。

このソフトにはさまざまあるのですが、セレックはドクターが診療室で使用することを考えて開発されたものです。そのためいかに短時間でデザインできるかというコンセプトで設計されています。

人の歯には指紋のようにそれ自身を識別する特性があります。その遺伝子情報に基づいた独自の計算式により、セレックは患者様固有の形態を再現することが出来るのです。

では実際にどのように設計、作製していくのでしょうか?簡単にご説明します。

まず、3Dカメラでお口の中の患部(詰め物やかぶせ物をいれたいところ)を撮影します。

(これにより、従来の型取りは不要です)

その後コンピューターの画面上に先ほど撮影した患部を再現します。この画面上で詰め物やかぶせ物の設計を行います。

設計が完成したら、セラミックやプラスチックといった素材を選択し先ほどの機械に指示を出します。するとデータを元に、選択した素材のブロックを自動で削り出します。

このような仕組みで詰め物やかぶせ物が完成します。

このシステムの特徴は、歯科技工所を通さずにセラミック等の歯が完成するところです。

従来のものと比較して、短期間で歯を入れることが可能です。

また院内で詰め物等を作ることが可能なので、費用も少し抑えることが出来ます。

さて、セレックの良い点をお話ししてきましたが、欠点もご説明します。

治療予定の歯がブリッジなど何本もつながった被せものの場合は今のところ作ることは出来ません。

また、上下の歯と歯の隙間が極端に少ない方はかみ合わせにより割れてしまう可能性があるので注意が必要です。

以上から、セレックシステムを使用した治療は治療期間を短くしたい方や、白い詰め物を入れたいが費用を抑えたい方に適した治療法ではないでしょうか。

どの方法が適しているかは、当院のトリートメントコーディネーターにご相談下さい。

最後になりましたが、診療時間中にミリングマシーンによる削り出しが行われていることがあります。

扉が透明で削り出す様子が見えるのでとても面白いです♪特にお子様には興味深いのではないでしょうか。是非足を止めてみてください。

2021年2月22日
歯科衛生士について

こんにちは。歯科衛生士の小松です。

今回は歯科衛生という仕事についてお話ししたいと思います。

歯科衛生士は歯科疾患の予防や口腔衛生の向上のため、歯や口腔をはじめとした健康づくりをサポートする国家資格の専門職です。日本では80歳まで自分の歯を20本残すことを目標とした「8020運動」や、高齢になっても自分の歯で美味しく食事できるように「オーラルフレイル予防」等を推進していて、口腔ケアへの意識の高まりと共に、歯科衛生士の活躍の場が広がっています。

主な仕事内容としては次の3つの業務が定められています。

①歯科診療補助

②歯科予防処置

③歯科保健指導

 

①歯科診療補助とは

歯科診療は歯科医師を中心とした「チーム医療」で行われています。その中で歯科衛生士は歯科医師の診療を補助するとともに、歯科医師の指示を受けて詰め物の型を取るなど治療の一部を担います。また患者さんの中には治療に対して不安や恐怖心を持っている方も多いので、安心して治療が受けられるようサポートすることも大切な役割の1つです。

②歯科予防処置とは

歯を失う原因の大部分を占めるのは「むし歯」と「歯周病」です。つまりこの2つを予防することができれば、自分の歯を保つことができます。処置内容としてはむし歯予防のための「フッ化物塗布」や、歯垢(プラーク)や歯石などを除去する「機械的歯面清掃」などを行います。

③歯科保健指導とは

むし歯や歯周病は生活習慣が大きく関係しています。そのため治療よりも予防、さらに患者さん自らが生活習慣を改善することが大切であり、正しい生活習慣やセルフケアを身につけるための専門的な支援が不可欠です。中でも歯磨き指導や年齢に応じた歯や歯茎のケアの仕方を伝えることは大切な仕事の一つです。さらに最近では離乳食の与え方やおやつの取り方などの食育指導や、高齢者や要介護者の咀嚼や飲み込む力を強くする摂食・嚥下機能訓練も保健指導の分野で注目されています。

歯科衛生士になるには、厚生労働省指定の歯科衛生士養成機関で専門教育を受け、国家試験に合格する必要があります。国家試験の合格率は9割を超えていて、学校でしっかりと知識や技術を身につけ、きちんと試験対策を行えば決して難しい資格ではありません。千葉県内には衛生士学校が3校あり、3年で卒業できます。学費は学校によって異なりますが、当院は無利子の奨学金制度もあるので、興味がある方は気軽にスタッフへお声がけください。

 

IMG_1514.JPG

最後に私自身の経験を少しお話しさせていただきます。

これは私が衛生士になって2~3年目に担当した患者さんの話ですが、その方はとにかく歯医者が苦手で、今までも何度も歯医者に行こうと思ったものの、歯医者の前まで来ると怖くなってしまい、帰ってしまっていたようです。むし歯で穴があいたところはそのままで、被せ物が取れたところは自分でセメントを買ってつけていたそうです。私はどうしたらその患者さんが中断せずに通ってくれるか必死に考え、まずはカウンセリングを重ねて不安に思っていることや悩みを聞き、最終的にどうなりたいかを一緒に考え、そのために必要なことを時間をかけてお話ししました。3回ほどカウンセリングをすると患者さんも治療に対して前向きになってくれ、クリーニングと治療を開始することができました。その後治療が進むにつれて患者さんの表情がどんどん明るくなっていき、笑ってお話ししてくださるようになりました。「職場でもマスクをしないで話せるようになった!」と嬉しそうに報告してくださった時は私もとても嬉しかったです。

この患者さんと出会ったことで、ただ単に歯磨き指導をしたり、クリーニングをするだけでなく、患者さんの人生を変えることができる素晴らしい職業だなと思うようになりました。歯科衛生士として働き始めて8年目になりますが、患者さんの歯やお口の健康を守るお手伝いをさせていただけることや、患者さんから「ありがとう」と感謝の言葉を言っていただけることに日々やりがいを感じています。

当院は担当衛生士制で1人の患者さんを専属の衛生士が担当するシステムをとっているので、特にそういったやりがいを感じやすいかと思います!

 

133.jpg

このブログを読んで少しでも歯科衛生士という仕事に興味を持っていただけたら嬉しいです♪

あさひ歯科・矯正歯科では一緒に働いてくれる歯科衛生士を募集しています!

興味のある方は見学のみでも大歓迎なのでまずはお電話ください!

2021年1月25日
インビザライン

こんにちは。
歯科助手の山田です。
世界各国でコロナ禍の中、皆さまも本当に大変な思いをされていることかと思います。
ただ、そんなコロナ禍で、マスク生活が求められている今、気にはなっていたけど見た目や費用の不安があり、手を出しにくかった〝歯列矯正〟が流行っていることをご存知でしょうか?
その中でも
〝インビザライン〟というマウスピースの矯正治療が人気が高いことから、今回は〝インビザライン〟という矯正治療についてお話ししていきたいと思います。

インビザラインとは??
従来のブラケットを用いた、ワイヤー矯正とは異なるマウスピース型のアメリカで開発された矯正装置のことです!
私自身、幼い頃から八重歯で歯並びが悪く、学生の頃両親に矯正を勧められましたが、思春期だったこともあり、見た目を気にして断念してしまいました。ですが今、歯科に携わる仕事に関連する中で、矯正への強い思いから結局ブラケットのワイヤー矯正をしています。笑

インビザラインの特徴として、
・矯正装置が透明なマウスピースなので目立たない
透明なマウスピースの厚さは0.5mm程度なので、仕事上、学校上、人と話をする時に目立たないので、矯正をしていることが相手にわかりにくいことも、この矯正の最大のメリットだといえます。
・取り外し可能なので清潔に保てる
=虫歯や歯周病のリスクが少ないこともこの矯正のメリットです。
従来のワイヤー矯正は表にも裏にも装置がずっと装着されているため、歯磨きがしづらく、きちんと磨けないと食べ物の汚れなどが溜まってしまいます。
実際、ワイヤー矯正が終了し、装置を外したら虫歯だらけだったというお話も聞いたこともあります。その点、着脱可能なマウスピースはフロス等を含めたお手入れも、通常通りの歯磨きもすることができるので虫歯や歯周病のリスクはワイヤー矯正よりもかなり少ないです!

注意する点としては、、
・インビザラインはマウスピースを装着している時に矯正力がかかるため、マウスピースの着脱は患者様自身での管理のため、自己管理能力が求められます。
就寝時を含め、1日20〜22時間以上の装着が必要です。
食事や着色しやすい飲み物、歯磨きする時以外は装着しているということです。
規定時間の装着が行われない場合、マウスピースが合わなくなってしまい、マウスピースの再作成が必要になってしまいますから、必ず規定時間を守れる自己管理が必要なんです!!


見た目を気にせず矯正ができるので色々な世代に人気のマウスピース矯正ですが、必ずしもどの歯並びにも適してるわけではありません。
悩んでるなら当院へ無料相談にいらしてはいかがですか?
お電話でも、ご来院でもお気軽にご相談下さい。

2020年12月17日
か強診について

こんにちは。受付の鈴木です。

皆さんは、「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」をご存知ですか?

口腔機能の維持・改善により国民の健康寿命の延伸と生活の質の改善を図る目標に向かい、

国が新設した認定制度で、虫歯を防ぎ、歯を失わないために、予防を定期管理(メンテナンス)することができる専門的な歯科医院のことです。

 

厚生労働省が2016年の保険改定で制定した「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」(「か強診」)の目的は、保険の枠組みを一部拡大し、「

虫歯や歯周病の重症化予防治療」をより広く定着させるために制定されました。

保険適用の拡大は以下の3点が基本となります。

①    「エナメル質初期う蝕管理」これまでは、フッ素塗布を保険でおこなうとすると、3か月以上の期間をあける必要がありましたが、毎月の塗布が可能となりました。

②    「歯周病の安定期治療の新基準」重度の歯周病の患者様は、検査・歯石取り・歯面清掃などが、毎月保険を使って受けられるようになりました。

③    「在宅患者訪問口腔リハビリテーション指導管理」なかなか来院できない患者様に対し、訪問診療で治療の機会を提供しようという保険の枠が広がりました。

 

こうした保険適用の拡大をすべての医院に認めているわけではありません。

全国約7万件の歯科医院のうち、さまざま基準をクリアした約2%程度の医院が認定される予定です。主な施設基準は下記のとおりです。

・歯科医師が複数名あるいは歯科衛生士が1名以上していて、そのうちの常勤医師1名以上が、歯科外来診療の安全対策及び高齢者の口腔機能管理による研修を修了している

・AED、酸素ボンベ、血圧計等の緊急時のための体制が整っている

・様々な専門医院との連携体制が整っている

・滅菌、空気清浄機、口腔外バキューム等、安全な医療のための体制が整っている

・訪問歯科診療や歯周炎のメンテナンスなどの維持管理を継続的に行っている

・感染防止に必要な設備を完備している

など、さまざまな条件のクリアが必要です。

 

そして、当院は厚生労働省による「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」として、2020年の春から認定されました。

今後は、かかりつけ医として、歯科疾患あるいは接触機能障害に関する、総合的で継続的な管理が可能になります。これにより、

小さな変化も見逃さず、お口のトラブルを未然に防ぎ、患者様の身体の状況に応じた歯科保健サービスを、医療機関や地域の包括支援センター等と連携して、

地域ぐるみで生涯のお口の健康を維持する歯科医療を提供していきます。

以前から通院していただいている患者様は、来院回数や通院費が変わってくる場合もございますが、上記の理由によるものと、管理費用はすべて保険の範囲内ですのでご了承ください。

何かご不明な点がございましたら、ご遠慮なくお聞かせください。

2020年11月26日
訪問診療について

こんにちは。歯科衛生士の石渡です。

歯科医院でも訪問診療を行っているのをご存知でしょうか。

あさひ歯科でも4月にかかりつけ強化型歯科診療所に認定されたことに伴い、訪問歯科診療をはじめました!

今回は訪問歯科診療について詳しく説明していきます。

①訪問歯科診療とは

歯科医師や歯科衛生士が自宅や施設に行き、歯科治療を行うことです。

対象は疾病や傷病により「通院が困難な方」と定められています。

②外来との違い

診療の環境が「医療の場と生活の場」であること 

患者さんが主に高齢者であり、有病者であること

意思の疎通が困難な方も多いこと

患者さんと1対1ではなく、介護の方やご家族とのコミュニケーションも必要になること

があげられます。

③治療について

歯科医院で行われている治療と変わりません。

訪問診療では「食べられなくて困っている」という訴えが多くあります。

その原因としては、入れ歯が合わなくなった、歯が抜けてしまった、歯が痛いなどです。

なので、訪問診療でもむし歯の治療、歯周病の治療、入れ歯の作製・調整・修理、口腔ケアなどに対応しています。

④口腔ケアとは

訪問診療での治療に口腔ケアがあります。

介護が必要な方にとって、この口腔ケアはとても大事なんです!

口の中を清潔にすることでむし歯や歯周病を予防するだけでなく、「口腔機能を維持する」という目的もあります。 

QOLの向上、誤嚥性肺炎など、全身疾患の予防、全身の健康状態の維持・向上にもつながります。

〈口腔ケアと全身の健康〉

口腔内細菌と内科疾患との関連性、咀嚼の機能と老化・認知症との関連性など、口の中の環境が全身の健康と密接に関連していることが近年明らかになってきました。

口の中の細菌が関与すると考えられている代表的な全身疾患は、

・感染性心内膜炎

・敗血症

・虚血性心疾患

・誤嚥性肺炎

などがあげられます。

口腔ケアを行うことで、これらの疾患を予防できることがわかってきています。

なので、口腔ケアは歯や歯茎のためだけではなく、全身疾患の予防など生命の維持・増進に直結したケアでもあるのです!

他にも口腔ケアによって得られる効果があります。

・口の中の機能が高まることで、唾液の分泌が促進される

唾液は口の中を潤すだけでなく、汚れや菌を洗い流してくれたり、食べ物を飲み込むときにスムーズに流れるようにしてくれたりします。

・しっかり噛んで食べられるようになると、効率よく栄養の補給ができ、体力向上につながる

・味覚を感じる機能が高まり、食べる楽しみを取り戻せる

・口や舌の動きが良くなると、はっきりと発音できたり、滑舌が良くなることが期待できる

高齢者の方にとって口腔ケアはとても大事なので、

もし、通院が困難で歯科医院に行けてない方がいたら、ぜひ一度訪問歯科診療を検討していただき、あさひ歯科までご連絡くださればと思います。

寒くなり、インフルエンザなどのウイルスが流行し始める時期です。

口からも感染するので、お口の中を清潔にして健康に過ごせるようにしていきましょう!

                                   

  • 1

月別アーカイブ

PageTOP

初診の方へ
あさひ歯科・矯正歯科 インターネット予約
問診票ダウンロード

院内ツアー

当院の設備をご紹介します。

ファミリールーム

小さなお子様も一緒に診療室に入れるファミリールーム完備。完全予約制になりますので、事前にお問い合わせください。

症例集・アンケート

当院で行った治療例、患者さまの感想をご紹介します。

当院のご紹介

診療科目

当院の道順

求人

あさひ歯科・矯正歯科
〒284-0045
千葉県四街道市美しが丘1-18-7 2F
(エレベーターあり、駐車場約15台)