クリニックブログ

2022年11月21日
マイナ保険証

こんにちは。受付の鈴木です。ご存知の方も多いと思いますが、2021年10月20日から、マイナンバーカードの健康保険証利用の本格運用が一部医療機関でスタートしました。

あさひ歯科でも早期の段階で準備を進めていましたが、申し込みしてから、最低でもスタートに3カ月以上かかるとのことで1年前から準備を進めてやっと導入することができました。ここでもコロナウイルスが少なからず影響していると思われます。

2022年10月1日からは、オンライン資格確認システムが導入されている医療機関で受診した場合は、マイナ保険証を利用した方は、初診時2点、再診時加算なし、従来の保険証を利用した場合は、初診時4点、再診時加算なしに変更となり、マイナ保険証を利用した方にメリットがあるように変更されました。

 

今後はマイナンバーカードを受付に設置しているカードリーダーにかざすだけで、保険証を提示しないで受診できるようになります。さらに、

・就職、転職、引っ越しをしても健康保険証として使える

・薬剤情報、医療費が見ることができる

・高額療養費制度の申請が不要になるので一時支払いをしなくて済む

・医療費控除の確定申告が簡単にできる

などのメリットがたくさんあります。

 

私も医療機関を受診の際に、おくすり手帳を忘れてしまうことがありますが、今後はお財布に健康保険証化したマイナンバーカードさえあれば、初めて受診する医療機関でも安心ですね。

医療機関の受付業務の一部には、医療保険の請求がありますが、保険証の変更があった場合に、請求先の誤り等の減少が見込めるそうなので、その点も有り難いです。

 

ただ、マイナンバーカードにはたくさんの情報がインプットされているイメージがあり、お財布を紛失したらどうしよう...と不安もあり、私のマイナンバーカードは自宅にしまっております。私と同じ思いをされている方も多いと思いまして、今回調べたところ、内閣府総務省のHPに持ち歩いても心配ないようにマイナンバーカードの安全性についてお知らせがありました。

取り扱い方は銀行のキャッシュカードと同じ感覚で、普通に持ち歩いても大丈夫だが紛失しないように。暗証番号を他人に知らせないことだそうです。ならば、やはり紛失しては...

と思ったら、24時間365日体制で一時利用停止可能であり、暗証番号も一定回数間違うと機能ロックがかかるとのこと。さらに不正に情報を読み出そうとするとICチップが壊れる仕組みになっているそうです。凄いですね~!

ICチップ部分には税や年金などのプライバシー性の高い個人情報も入っていないとのことですし、顔写真もあるので、なりすましの悪用は困難なこともわかりました。

 

マイナンバーカードの健康保険証化は、事前に申し込みが必要です。PCで申し込みも可能ですし、スマホにアプリをインストールして申し込みすることも可能だそうです。また、身近なところでは各市区町村に設置してある住民向け端末、セブン銀行ATMでも可能だそうです。待ち時間の混雑を防ぐためにも、事前の手続きをお願いします。

マイナンバーカードをまだ取得していない方は、申請期限2022年12月末までの申請で、取得後健康保険証として利用申し込み、公金受取口座の登録でマイナポイント第2弾最大20,000円分のポイントが付与されます。ぜひ皆さんもお得なポイントをゲットしてくださいね。

 

現在マイナンバーカードの健康保険証利用に対応できる医療機関は厚生労働省のHPで都道府県別に調べることが可能です。あさひ歯科では2022年12月1日から利用可能予定です。詳しくは受付までお問い合わせください。

2022年10月12日
食育

こんにちは。保育士の菅野です。

今回は、食育についてお話させていただきます。

まず大前提として、食事は身体の発育を促すだけでなく、何人かで食卓を囲むことで楽しく食事をすることが大切です。

その中で、歯を健康に保つために注意できることや予防できることにはどのようなことがあるのか?

 

虫歯になりにくい食べ方には、

①ながら食べをしない

なにかをしながら食べると、食べ物が口の中に入っている時間が長くなり、口腔内が酸性になる時間が長くなるので、酸が歯を溶かして虫歯になりやすいです。

食事の時は食べることに集中して、食事と食事の間をあけて口の中になにも入っていない時間をなるべく長く作るようにしましょう。

 

②食べる時の姿勢を正しく

ながら食べを改善するには、行儀よく正しい姿勢で食べることで食事に集中することができます。

足の裏をしっかり床につけて椅子に座るようにし、足元がぶらぶらする小さいお子さんには台を置いて足が床につくようにしましょう。

 

③よく噛んで食べる

噛む回数が多くなるほど、歯や顎が丈夫になるとともに、唾液の分泌がよくなり消化を促してくれます。唾液には、口の中を浄化してくれる作用があるので、口の中をきれいに保つことができます。

 

④規則正しい食生活を

不規則な時間に食事をしたり、食事の回数が多かったりすると、食べ物が口の中に残っている時間が多くなります。食べていない間は唾液が歯の修復を行ってくれるので、だらだら長時間食べずに食事とおやつの時間を決めるようにしましょう。

 

食べ方だけでなく、虫歯になりやすい・なりにくい食べ物の特徴として、具体的にどのようなものが挙げられるか、ご紹介していきます。

 

虫歯になりやすい食べ物

☆糖分を多く含むもの・・・チョコレート、クッキー、ジュース、スポーツドリンク、乳酸飲料

☆歯に付着しやすいもの・・・キャラメル、グミ、ドライフルーツ

☆口の中に長時間残りやすいもの・・・飴、砂糖入りガム

☆酸性が強いもの・・・レモン、グレープフルーツ、オレンジ

 

虫歯になりにくい食べ物

☆糖分が少ないもの・・・りんご、煮干し、チーズ、砂糖不使用のクラッカー

☆歯に付着しにくいもの・・・ゼリー、プリン、ナッツ類、野菜チップス

☆口の中に長時間残りにくいもの・・・アイスクリーム、ヨーグルト、ゼリー

☆食物繊維を多く含むもの・・・さつまいも、ごぼう、キャベツ、豆類、海藻類

 

柑橘系はビタミンCを摂取することができ健康においては有効ですが、酸が強いと歯が溶けやすく虫歯になりやすいので注意が必要です。

反対に虫歯になりにくいもので挙げた食物繊維を多く含む食べ物には、「唾液の分泌を促進する効果」や「歯の表面の汚れを落とす効果」があります。これらをよく噛んで食べることで唾液が多く分泌し、付着した歯垢などを取り除いてくれるのでオススメです。

 

前述でお話したように、なによりおいしく楽しく食べることが重要です。いきなりすべてを見直していくのは難しいので、無理なく少しずつ取り入れていければいいと思います。

そして食後はきちんと歯磨きなどのお口のケアを!

食育を通じて、健康な歯を守り育てていきましょう!

2022年8月25日

こんにちは。歯科衛生士の根元です。
私は今年で歯科衛生士2年目に入りました!
そこで今回は、1年目の振り返りをここでさせていただこうと思います。
どんな事をやってきたか、歯科衛生士の1年目ってこんな感じなんだなあ、と知っていただけたら幸いです!
まず最初は歯科助手の業務から学び始めました。
どんな治療をこの歯医者で行っているのか、どんな材料と器具を使っているのか、どんな手順で治療を進めていくのか、など沢山のことを学び、覚えました。
まずどこに何があるかすら覚えるのが大変な毎日でした。
器具の受け渡しまでこだわり、練習もしました。
何度も何度も教わり、やっと先輩がそばについていない中で、助手をこなせるようになりました。
私が専門学校の3年生の時、ちょうどコロナウイルスが流行しだした時だったので、
学内実習も臨床実習(歯科医院での実習)も、実施されませんでした。
しなので、歯科の器材や材料に触れるのことが1年以上ぶりだったので、とても毎日緊張していました。
そんな中、細かく先輩方がご指導してくださったおかげで、何とかだんだんと歯科医院、という場に慣れることができました。
本当に感謝しています。
歯科助手の業務内容を学んだ後は、いよいよ歯科衛生士業務の内容を再確認しながら学び、技術面の練習に入りました。
歯科助手業務の時は、患者様のお口の中での細かい作業はなかったのですが、歯科衛生士業務は違います。
患者様のお口の中で色々な事をします。
患者様一人一人に合わせた指導も行います。
助手業務とはまた違った難しさがありました。
先程も述べた通り、歯科の器材に触れるのが1年以上ぶりだったので、先輩方のお口を貸していただき、毎日練習に励みました。
歯周病の検査、お口の中のクリーニング、お口の中の写真撮影、説明方法など沢山の練習をしました。
た!
注意されたところを文に書き起こし、またそこを改善するための練習もたくさんしました。
とても大変な日々でしたが、とても良い経験になりました。
歯科衛生士になるために、大変な国家試験勉強をしてきて、やっとの思いで歯科衛生士になれたのに、また大変な日々がやってきたのかあ、と最初は気分が下がってしまうときも正直ありました。
ですがそんな時は先輩方がいつも助けてくれました!
今では患者様を担当させていただけるようになりました。
1人では、絶対ここまでくるのは無理でした。
先輩方には感謝の気持ちでいっぱいです!
2年目も、技術面、知識面など色々な事を学び、ステップアップしていきたいです!

2022年7月20日
託児所での取り組み

こんにちは。保育士の菅野です。

 

あさひ歯科の魅力のひとつでもある託児所!

「歯医者へ行きたいけれど小さい子どもがいてなかなか行けない・・・」「子どもを預かってくれる家族がいなくて・・・」などの理由がある方でも安心して治療を受けられるよう、あさひ歯科では託児所を設けております。

 

そしてあさひ歯科の託児所では、今までお迎えの際にその日のお子さんの様子を口頭でお伝えしていましたが、それに加え、託児所で過ごしているお子さんの様子を写真に撮って、個別で保護者の方にお送りしています。

この試みが保護者の方から好評で、とても喜ばれているんです!

 

保育園などでは電子化も進み、園での様子を撮影して保護者の方も見られるようにしている園は増えてきていますが、託児所では数少ない珍しい試みかと思います。

少人数制でお預かりしているので、お子さんのその時その時の様子や表情を保護者の方と共有することができ、託児所での様子をより詳しく知ることができます。

 

今まで保育園などに預けたことがなく、あさひ歯科の託児所に初めて預けるという方も多くいらっしゃるので、「預かっていただけるだけでもありがたいのに、こんなことまでしてくれるんですね!」と驚かれる方もいるんです。

他にも利用された方からは、

・「本日もありがとうございました。可愛い写真でとても嬉しいです!」

・「大変お世話になりました。とても楽しんでいる様子で安心しました。またよろしくお願いします。」

・「毎回写真を見るのが楽しみです!いつもありがとうございます。」

など、喜ばれる方が多くいらっしゃいます。

写真を見ることで少しでも安心して治療を受けられたり、それを楽しみにしていただけているのは、私たち保育士もとても嬉しく思います。

 

写真のやりとりは、あさひ歯科LINE公式アカウントを通じて行っており、登録も簡単です。

ご利用は未就学児のお子さんとさせていただいており、託児所にお越しいただいた際に写真の有無や登録等、こちらからお声がけしますのでご安心ください。

 

~登録の流れ~

①あさひ歯科LINE公式アカウントの友達追加をしていただきます

②ご本人様確認のため、その場でメッセージを送っていただきます。

③お迎え後、撮影したお子さんの写真をお送りいたします。

 

その場ですぐに登録していただくだけで、その日から毎回の利用で写真のやりとりが可能です。

また、自分の子どもが写っている写真が他の保護者の方へ送られるのに抵抗があるという方でも安心してご利用いただけるよう、こちらで管理している『写真管理表』で確認してから写真をお送りしていますのでご安心ください。

 

診療中の託児所での限られた時間をお子さんが楽しめるようにするのはもちろんのこと、親御さんも安心して治療に専念できるようお手伝いできればと思っております。

気になることがありましたら、お気軽におっしゃってください!

2022年5月23日
イベント告知

こんにちは!

歯科衛生士の石渡です。

昨年から少しずつあさひ歯科の中で進めているプロジェクトがあります。

それは、「歯科衛生士を体験しよう」というイベントです!

今年の8月に開催が決定しました!!

今回はそのイベントの告知について書いていきます。

なぜ今回このようなイベントを開催するかというと、歯科衛生士という職業の魅力を伝えたいからです!

これから進路を考えている中学生、高校生に魅力を伝えて、歯科業界の仕事に興味を持ってもらいたい!

こんな素晴らしい職業なんだよと言うことを少しでもお伝えできればと思います!

高齢化社会が進む中、お口の健康は全身の健康と密接に関わっていることが証明されていますが、お口の健康を管理していけるのは歯科衛生士だけなんです!!!

今後歯科衛生士の重要性も高まっていきます。

もちろん働いている私たちもやりがいを感じていますし、

国家資格のため、結婚・出産後など1度離れてもまた働くことができるのもいいところです。

クリーニングが主な業務ですが、

歯磨きや生活習慣の指導をしたり、

患者さんとのコミュニケーションも大事になってくる職業です。

イベントでは、

・仕事内容

・歯科衛生士の重要性

1日の診療の流れ

・衛生士学校のこと

・進路や就職について

など、詳しく話が聞けますし、聞きたいことなんでも質問することもできます!

4人歯科衛生士が働いていますが、それぞれ出身校が違ったり、あさひ歯科以外で働いていた衛生士もいるので、進路や就職もさまざまな話を聞けると思います!

実際に働いている歯科衛生士から話を聞ける機会もなかなかないと思うので、興味ある方はぜひ!

体験では、

実際に使っている機械を模型相手に使用したり、歯科衛生士の仕事を体験できます。

体験の記念になるようなちょっとしたプレゼントも準備しています。

・進路に悩んでいる

・歯科業界に興味がある

・どんな職業なのか知りたい

・よくわからないけど楽しそう

中学生から高校生対象で参加できます!

参加無料です。

あさひ歯科の奨学金制度もあるので、

親御さんもご一緒に参加してお話聞くこともできます!

私たちもイベントに向けて

チラシ作ったり宣伝したり、

どんな体験にしたら楽しんでもらえるか

などさまざまな準備をしてきました。

定員はありますが、興味ある方にはぜひ参加していただきたいです!

日時:86日土曜日

   AM9:00~とPM14:002部制

場所:あさひ歯科・矯正歯科

参加無料、定員8名(先着順です)

ご参加お待ちしてます!IMG_0170.jpg

2022年3月22日
インビザラインキャンペーン

こんにちは、山田です。
コロナ禍でマスク生活の中、ただいま矯正治療が非常に人気なことを皆様ご存じですか?
いい機会だし...今のうちに...とお考えの方是非このブログをご参考下さい!!!

当院では只今インビザラインとゆう、目立たないマウスピース矯正のキャンペーン中なんです!!!
気にしていた歯並びが良くなって、尚且つお得になってしまうなんて、こんないい機会ありませんよね?

通常フルタイム料金総額¥825,000
割引料金¥701,250(15%割引)

そしてデイタイムとゆうプランがあります。
平日午前11時に来れる方限定プラン

通常デイタイム料金総額¥763,400
割引料金¥687,060(10%割引)

と、大変魅力的なキャンペーンです!!

まずは矯正の無料相談から実際に治療に至るまでの当院の流れとお支払いについてご説明していきたいと思います!

無料相談(約30分)
どうゆう矯正なの?
私でもできますか?
色々な不安や疑問を当院のトリートメントコーディネーターにご相談してみて下さい。

インビザライン矯正検査(1時間〜1時間半)
矯正検査代¥33,000
レントゲン、型取り、スキャナーと結構大変なメニューではありますが、ご自身がインビザラインのマウスピース矯正が出来るかどうかの精密な大事な検査になります。

検査結果のご説明(約30分)
説明代¥5,500
ご自身の3D映像を実際にお見せしながら、検査結果のご説明をさせていただきます。

同意書のご記入
※この時、同意書のご記入と、入金が確認された時点でマウスピースを作製致しますので、初回料金が発生します。

通常フルタイム料金¥319,000
キャンペーンフルタイム料金¥195,250

通常デイタイム料金¥319,000
キャンペーンデイタイム料金¥242,660

実際に矯正治療スタート
2ヶ月に一度のご来院が目安です!

残金のお支払い

フルタイム料金¥93,500×5回払い

デイタイム料金¥81,180×5回払い

※残金のお支払いに関しては通常料金とキャンペーン料金での違いはありません。

ざっくりではありますが、一通りの流れがこのようになっております。
文字だけを読んでみると、大変そう、、と思うかもしれませんが実際にはそんな難しいことはほとんどありません。
当院にお任せください。

また、インビザラインの公式サイトから当院が検索出来るようになりましたので、興味ある方は事前調べ等、是非インビザラインの公式サイトをご覧下さい。
当院の矯正無料相談は随時ご予約お待ちしておりますので、気兼ねなくご予約してみて下さい。
尚、キャンペーンは人数制限がございますのでお電話にてご確認下さいますよう、よろしくお願いいたします!

2022年2月22日
MFT(口腔筋機能療法)

こんにちは。歯科衛生士の小松です。

昨年M F T(口腔筋機能療法)のセミナーを5回にわたり受講させていただき、お口の健康アドバイザーに認定していただきました!

今回はM F Tとは何かについて少しお伝えできればと思います。

まずM F T(口腔筋機能療法)とは、

Myo(筋)の『M』

Functional(機能)の『F』

Therapy(療法)の『T』

で『M F T』と略されています。

このM F Tは、食べる(咀嚼)、飲む(嚥下)、発音、呼吸、姿勢などの改善を目的とし、お口の周りの筋肉(口唇、頬、舌)が強すぎる場合にはリラックスさせ、弱すぎる場合には正しく機能できるように筋肉のバランスを整えるトレーニングです。

突然ですが、今これを読んでいる皆さんの舌の先はどこにありますか?

①  上あごにくっついている

②  上の前歯に触れている

③  下の前歯に触れている

④  上下の前歯の間にある

⑤  どこにも触れていない

正解は①の『上あごにくっついている』です。

こう聞かれるとそんなこと意識したことがないという方が多いかと思いますが、実はこの舌の位置というのがとても重要なんです!

図1.png

舌の力はとても強いので、正しい位置に収まっていないと様々な問題引き起こします。

例えば常に上の前歯の裏に触れている場合、唇や頬の筋肉が弱いと歯が前に押し出されて出っ歯になります。

また舌先が上下の前歯の間にある人は、奥歯は噛んでいるのに前歯は噛めない開咬(かいこう)という状態を引き起こし、前歯で物を噛み切ることが難しくなります。

図1.jpg2.jpgのサムネイル画像

他にも

•口呼吸が習慣化することでお口の中が乾燥し、細菌が繁殖して口臭の原因となったり、

虫歯や歯周病が進行しやすくなる

•発音、滑舌が悪い

•いびきや歯ぎしりをする

•お顔のたるみ、二重アゴ

など、舌の位置が正しくないと、様々な見た目や健康上の問題が引き起こされてしまいます。

この舌の位置は筋肉が衰えていると下がってきてしまうので、しっかりとトレーニングすれば正しい位置に戻すことができます!

また舌は姿勢とも関係があり、猫背や前かがみだと舌は重力で下前方へ下がってしまうので、普段の姿勢にも注意が必要です。

トレーニング期間は患者様によって異なりますが、長年の癖を改善していかなければいけないため、早くても半年、長ければ2年ほどかけて行っていきます。歯科医院でのトレーニングだけではなく、ご家庭でのトレーニングがとても大切です。

 

まだまだお伝えしたいことはたくさんありますが、長くなってしまいそうなので、今回は舌の位置の大切さを中心に書かせていただきました。

お口の健康アドバイザーとして皆さんにお伝えできることはどんどん発信していきたいと思っているので、少しでも興味のある方はぜひお声がけください。

2022年1月27日
訪問

こんにちは。歯科助手のヤマダです。
以前にもブログに書いたと思いますが、訪問診療について、今回は当院の流れや使用している機材などを今回は詳しくご説明していきたいと思います。
そもそも訪問診療とは、何らかの身体的、精神的理由で歯科診療所に通院できない方に対し、歯科医師、歯科衛生士が自宅や介護施設、病院等に訪問し、歯科診療や専門的口腔ケアを行う制度のことです。
現在あさひ歯科では、介護施設と在宅の患者様のお宅で訪問診療を行っております。
当院では、月一で訪問専門の歯科医師をお呼びしているので、当院の歯科衛生士と2人で行くことが基本ですが、コンスタントな治療が必要な患者様には院長と歯科助手の2人で行くこともあります。

まず、訪問診療を行うためには訪問診療用のセットというものがあります。
基本的には当院へご来院頂ければ不自由なく診療することが出来ますが、訪問では持ち運べる機材を持って行き診療するので、訪問の歯科医師と歯科衛生士がきちんと診療できるよう、事前準備をきちんと行わないといけません。
なので、スタッフ同士でチェック項目を元に、確認をしながら事前準備をしています。

まず、訪問診療では、主に歯科医師が治療を行う時の機材があります。
いわゆる、当院ではユニットのことです。
持ち運び用のユニットになっており、きちんと吸引が出来るかどうか、電源やペダルに不備がないかを確認し、患者様の治療内容を確認して治療する内容を別に準備して持って行ってます。

そして、歯科衛生士がクリーニングを行うための機材の確認をします。

歯ブラシや歯間ブラシを様々な患者様に対応できるように、あらかじめ色々なサイズを入れて準備しています。

他にも、使い捨ての基本セットやスリッパ、エプロン、紙コップやグローブ等も患者様の人数分+できちんと補充されているかを確認したりしています。
そして、使い捨ての物をスーツケースの中に入れて持って行ってます。

事前準備を怠ると、実際に患者様にもご迷惑がかかりますし、使用する歯科医師や歯科衛生士がスムーズに診療が行えるように、スタッフで事前準備を行っております。


訪問診療の患者様は主に高齢者であり、有病者であることや意思の疎通が困難な方も多いので
患者様だけではなく、介護の方やご家族とのコミュニケーションも必要になってきます。

高齢者の方にとっての口腔ケアはとても大事なのことなので、もし、通院が困難で歯科医院に行けてない方がお近くにいましたら、ぜひ一度訪問歯科診療をご検討していただき、あさひ歯科までご連絡、ご相談ください。

2022年1月 5日
インビザラインキャンペーンのお知らせ

あさひ歯科は2022年から 

医療法人社団カルミア会

として再スタートを切りました。

これを記念いたしまして、インビザライン(マウスピース矯正)の

割引キャンペーンを実施しております。

Adult with aligner 3.jpg

通常料金の15%引き、デイタイム割引料金の10%引き

先着30名様

にご提供いたします。

詳しくは矯正無料相談にてご相談を承ります。お電話にてお問い合わせください。

0434338211

あさひ歯科・矯正歯科

2021年12月22日
顎顔面矯正はじめました

こんにちは、副院長の齋藤です。今日は現在矯正中の私の息子についてお話したいと思います。

現在9歳の息子ですが、今年の5月ごろから顎顔面矯正をはじめました。

矯正治療が必要な理由は一般的にいくつかあると思います。顎が小さくて歯が並ばない、歯が大きいなどが挙げられます。

うちの息子は小さいころは歯と歯の間に隙間があり、歯科医である親から見ても矯正が必要なようには見えませんでした。ところがいざ永久歯が生えてくると歯がとても大きかったのです。下2本が生えた時点でもう隣りの歯が生えるスペースは埋まってしまい残りませんでした。

これはいけないと思いすぐ矯正検査をしました。するとレントゲンや歯の石膏模型から他にも問題が見つかりました。

このままでは上の糸切り歯の生えるスペースがないこと。

下の奥歯が内側に倒れていて噛めていないこと。

そのせいで舌を収めるスペース(舌房)が小さくなり結果上下の前歯が前に出てしまっていること。

口の中を見るだけではわからない色々なことを、矯正検査をすることで知ることができました。その結果を息子に話し、相談して矯正治療をはじめることにしました。

はじめてハイラックスという上あごにはめる装置をいれた時は、「大きくてつばも飲み込めない」と不満ばかり言っていました。でも1日もすれば慣れて何も言わなくなりました。子供の適応力は凄いです。また息子の場合は器具を回すことで生じる鼻の周りの違和感もあまり出ませんでした。

上の器具で慣れたのか、次に下あごにいれるリンガルアーチという器具を入れたときは何も言わずすんなり受け入れてくれました。ただしこの器具は気になっていじるとすぐ取れてしまうことがあります。なので、いじると器具がとれて矯正期間が長引いてしまう事をはじめのうちによく言って聞かせました。その甲斐あってか、1つ目のリンガルアーチは一度も取れることなく過ごすことが出来ました。

そのようにしてはじめた矯正治療ですが、現在上下ともに2つ目の装置を作製、装着中です。まだまだ途中ではありますが、少しづつ矯正前と変化もでてきました。

まず下の前歯がきれいにそろってきました。目にみえる変化があると少し嬉しいですね。

また、上の前歯がすきっぱになり側方に拡大されたことで以前とは顔が変わったようにも見えます。これに関してはよく患者様からも問い合わせがありますが、このすきっぱの時期こそがとても大切です。とある先生はこの時期のお子様のことを愛情をこめて「トトロちゃん」と呼んでいると仰っていました。確かにすこし似ているかもしれませんね。この時期を経ることで顎の成長とともに歯列も整っていきます。ずっと続くわけではありませんので安心なさって下さい。

このように矯正治療の道のりは長く心配も尽きないかも知れません。ですが将来子供にあの時やって良かったと思ってもらえるよう親子共々頑張っていきたいと思います。また機会があれば治療の続きのお話をさせてもらえればと思います。

  • 1

月別アーカイブ

PageTOP

初診の方へ
あさひ歯科・矯正歯科 インターネット予約
問診票ダウンロード

院内ツアー

当院の設備をご紹介します。

ファミリールーム

小さなお子様も一緒に診療室に入れるファミリールーム完備。完全予約制になりますので、事前にお問い合わせください。

症例集・アンケート

当院で行った治療例、患者さまの感想をご紹介します。

当院のご紹介

診療科目

当院の道順

求人

あさひ歯科・矯正歯科
〒284-0045
千葉県四街道市美しが丘1-18-7 2F
(エレベーターあり、駐車場約15台)